鶏ちゃんの料理スタイル

鶏ちゃん焼を食べる際には食材に熱を加えるために鍋を用いる。お店や家庭、バーベキュー等のシチュエーション毎に用いる鍋やアイテムは異なる。

ジンギスカン鍋:
ジンギスカン鍋は熱伝度が悪く調理に時間がかかるが、その分じっくりと調理出来て冷め難いので風味を長い間保つことが出来る。

ジンギスカン+紙:


紙を敷くことにより、「焼く」・「煮る」に「蒸す」の要素が加わり食材をふっくらと仕上げることが可能になる。ジンギスカン鍋は熱伝度が悪く調理に時間がかかるが、その分じっくりと調理出来て冷め難いので風味を長い間保つことが出来る。紙を敷くことによって鍋が焦げ付きにくなりメンテナンスも容易になる。

フライパン:
食材に熱が伝わるのも早く、家庭で気軽に鶏ちゃんを調理するにはこれが一番。ランチの定食など、時間が制約された中で鶏ちゃんを食べるならお店の人がフライパンで作ってくれたほうが手っ取り早い。

ホットプレート:
鍋を囲んでの食事は楽しい。家庭でも気軽に導入できるうえに、カセットコンロを使用すれば野外でも調理可能だ。ホットプレートの特性を活かして食材を素早く調理することが可能になる。

ホットプレート+紙:

紙を敷くことにより、「焼く」・「煮る」に「蒸す」の要素が加わり食材をふっくらと仕上げることが可能になる。ホットプレートの特性を活かして食材を素早く調理することが可能になる。紙を敷くことによって鍋が焦げ付きにくなりメンテナンスも容易になる。

陶板鍋:

お店で出てくるなら着火剤だけでは火力が弱すぎるので、予め食材をプレヒートしている場合が多い。蓋をして蒸し焼きにすれば、ジンギスカン+紙で仕上げたものに近い仕上がりが可能になる。