奥美濃・南飛騨地方の庶民料理

これまでの鶏ちゃん焼の評判ついてはなんとも不思議な点がある。観光パンフレットやお土産の目玉商品として取り上げられることがあまりにも少なかったのだ。

奥美濃・南飛騨のいわゆる地元の食堂では定番メニューであり、スーパーではパックものの鶏ちゃんが必需品である。雑貨店では自家製を袋詰めにして販売しているところまである。しかし長い間、下呂の温泉街などのメジャーな観光スポットでは、遠方から訪れた客人をもてなすご馳走として振舞われてはいなかった。一部の観光客の隠れメニュー程度でしかなかったのだ。

地域にとってはあまりにも一般的な家庭料理であったため、これまではその料理の素晴らしさにスポットライトが当たることが少なかった。鶏ちゃん焼は、古くからこの地方独特の庶民料理であったのである。

その後、かぶらやグループの「ねじべえ」などの鶏ちゃん焼専門店の全国的な多店舗展開により、全国的に火がつき注目を浴びるようになったのである。