導入メリットのある業種

>> 新規開業の場合

鶏ちゃん焼専門店:

飲食店の5年間での存続率は 57.8%(大阪市: 1996/10/1~2001/10/1)とも言われており、半数のお店が5年以内に閉店を余儀なくされている。最近では、FC制度やFC支援してくれる会社もあるので新規開業の環境は整いつつあるのだろうが、オリジナルの鶏ちゃん焼専門店を開業するのはまだまだ他業種に比べハードルは高い。ネックになると思われるのは、鶏ちゃん焼が長らく庶民料理であったことに由来する情報量の不足や全国展開した際のノウハウであろう。

導入リスク: ★★★★★

撤退リスク: ★★★★★

>> メニュー導入の場合

焼鳥・鶏料理屋:

鶏肉の全ての部位を有効活用出来る点からも、既存メニューの差し替えや新規導入として最も現実的でポピュラー。要するコストや労力は、他の業種よりも格段に少なくてすむので導入しやすい。ただし、他の既存メニューに与える影響も大きいため、明確なコンセプトをもって導入しないといけない。

導入リスク: ★

撤退リスク: ★★★

居酒屋:

一般的に言われる居酒屋も業態の専門化やコンセプト化が進んではいるが、前述の焼鳥・鶏料理屋と同様に導入が相次いでいる業界。大手チェーン店も参入してきてはいるが撤退も激しい。イベントメニューとして期間限定で試験導入してみても定番メニューとして定着しているのはごく少数か。

導入リスク: ★★

撤退リスク: ★

ラーメン屋:

ラーメンと鶏ちゃん?と思うかもしれないが、地元では数店のラーメン屋がメニューに鶏ちゃん焼を加えているところがある。ラーメン屋全般では、焼飯や餃子を看板にしているお店もあるくらいだから、これはこれで楽しめるかもしれない。特に、スープに鶏肉を使っているお店は部材を有効に活用できる。

導入リスク: ★★★

撤退リスク: ★

レストラン・定食屋:

定食として考えた場合は、導入事例も多く、意外な名物となっていることも少なくない。低原価で高利益が見込めるうえに、陶板セットなど見栄えのするスタイルで提供することによって、単なる鶏肉とキャベツだけではなく「創る喜び」という付加価値も与えられる。原価的にあうなら、パックものの鶏ちゃんをそのまま材料として使っても判らないかもしれないが‥‥。

導入リスク: ★★

撤退リスク: ★

調味料メーカー:

想定されるのは鶏ちゃん焼のタレの開発だ。奥美濃地方では、大坪醤油株式会社から「郡上みそ味 鶏ちゃんの素」という商品が発売されているようだが、大手メーカーが参入してくるのも時間の問題だろう。現在では、名店の味を化学分析して、それに近いものを出してくると思われるので味はなかなかのものが期待できるかもしれない。

導入リスク: ★★★★

撤退リスク: ★★★

コンビニエンスストア・加工食品メーカー:

下呂周辺の老舗メーカーがパックものの鶏ちゃんを古くから販売してきてはいるが、全国展開にまでは至っていない。全国展開を考えたときには、コンビニエンスストアが重要な役割を果たす。コンビニの商品トレンドでパックものというのはあまり売れないらしいので、1人用の鍋のようにすぐに食べられるパッケージングが必要不可欠になるだろう。この際には、「専用の鍋」やスタイルに拘ったときの「紙」をどうするのか問題になるだろう。商品開発は大方アウトソーシングされており、リスクを負うのは食品加工メーカーと発注するFCオーナーなのだろうか。

導入リスク: ★★★★★

撤退リスク: ★★★★